知ってますか?雑種犬とミックス犬・ハーフ犬の違いと注意点 チワプー、マルプーなど

チワプー ミックス犬 雑種犬
犬の保険ならペット保険比較グッチョイス
Pocket

これから犬を飼おうとされる方で、ペットショップなどでMIX・ハーフなどの表記があるのを見ると戸惑う方もいらっしゃるようです。
雑種犬とミックス犬、ハーフ犬の違いについては犬好きの方でも、言葉の定義についてはっきりわかっていないケースもあります。
そこで今回は、雑種犬とミックス犬・ハーフ犬の違いについてまとめてみました。

雑種犬とは

雑種犬とは、一般的には、血統を管理・承認する団体(日本ではJKC、アメリカではAKCなど)で承認されていない交配で生まれた犬種を指します。
混じりすぎて、過去の親の犬種がまったくわからない犬を指していると勘違いされている方も多いのですが、純血同士(柴×柴、ポメラニアン×ポメラニアンなど)以外は
すべて雑種犬と分類されます。
一般的に雑種犬といわれている、出自不明の犬は、基本的は健康体です。

ミックス犬(MIX)・ハーフ犬とは

ミックス犬・ハーフ犬という言葉は、よく見かけるのは、ペットショップです。チワワとトイプードルのミックス犬、チワプーとかマルチーズのマルプーなど種類の違う純血種同士を交配した犬をミックス犬(MIX)・ハーフ犬と呼んでいます。
アメリカでもデザイナーズドッグといわれ、他の犬とは違う特長をもっていることから人気があります。
しかし雑種犬の説明でお話ししたとおり同じ純血種同士(柴×柴、ポメラニアン×ポメラニアンなど)以外はすべて雑種犬です。ですから正しくは、チワプー、マルプーも雑種犬なのです
当然、血統として認められているものではありませんので、血統書は発行されません

血統書が不要であるということは、何の血統的基準もなく、誰でも繁殖できることともいえ、悪質なブリーダーも出てきしまっている現状もあるようです。

ミックス犬、ハーフ犬の種類と特長

ミックス犬の人気の組み合わせも、人気小型犬トイプードル、チワワ、ミニチュアダックスフンドとの掛け合わせの犬が人気です。

トイプードル系の ミックス犬、ハーフ犬

マルプー

(マルチーズ×トイプードルのミックス犬)

ポメプー

(ポメラニアン×トイプードルのミックス犬)

ヨープー

(ヨークシャー・テリア×トイプードルのミックス犬)

チワワ系 のミックス犬、ハーフ犬

チワプー

(プードル×チワワのミックス犬)

ポメチワ

(ポメラニアン×チワワのミックス犬)

ヨーチワ

(ヨークシャー・テリア×チワワのミックス犬)

チワピン

(ミニチュアピンシャー×チワワのミックス犬)

チワズー

(シーズー×チワワのミックス犬)

ミニチュアダックス系のミックス犬、ハーフ犬

マルックス

(マルチーズ×ダックスのミックス犬)

ダップー

(トイプードル×ダックスのミックス犬)

シークス

(シーズー×ダックスのミックス犬)

その他 人気のハーフ犬の種類と特長

ラブラドゥードル

(ラブラドール×スタンダード・プードルのミックス犬)
ラブラドゥードルは、他のミックス犬と違い、目的を持って品種改良された犬です。目的とはアレルギーフリーな介助犬を目指し、容姿も愛らしく性格な温和なラブラドールとスタンダードプードルを交配し作られた犬です。
すでに同犬種同士の交配もすすんでいますが、まだ、JKCなどからは正式な血統としては認められていません。

キャバプー

(キャバリア×トイプードルのミックス犬)
キャバプーは、ぬいぐるみのような被毛が人気の犬種です。
性格は社交的でフレンドリーな個体が多く、おっとりとしている子も多いため、初心者や子供、お年寄りとの同居も可能です。また多頭飼いにも向いている犬種です。
トイプードルの賢さも色濃くでており、しつけやすい犬種です。

コッカープー

(アメリカン・コッカー・スパニエル×プードルのミックス犬)

ポンスキー

(ポメラニアン×シベリアンハスキー)

シュナプー

(ミニチュアシュナウザー×トイプードル)

ポメ柴

(ポメラニアン×柴)

ぺキックス

(ペキニーズ×ミニチュアダックスフンド)

ミックス犬・ハーフ犬容姿の注意点

ミックス犬・ハーフ犬は種として安定していないため、どちらの親の容姿・性格的特長が出るかわかりません
子犬の段階では望んだ容姿であっても、大人になるにつれ期待した容姿ではなくなることも往々にしてあります。最悪の場合捨てられてしまうなど、ミスマッチからくる悲しい事例も少なくありません。
とくに、小型犬と大型犬などサイズの全く違う犬種同士の掛け合わせの場合、小型犬のサイズを期待していたら中型、大型サイズまで成長してしまったといったこともあり得ます。

ミックス犬・ハーフ犬健康管理・遺伝性・先天性疾患の注意点

通常雑種犬は、健康で体が強いと言われていますが、ミックス犬・ハーフ犬については、その逆のケースがあります。
理由としては、純血種には、それぞれ身体的な特長のほかに特徴的な遺伝病の因子を持っており、両親ともが純血種の場合、両親の性格・容姿のほかに遺伝疾患も受け次いでしまう可能性があります。

本来雑種犬は健康体が多く、長寿な犬も多いと言われていますが、ミックス犬・ハーフ犬は寿命が短い可能性が高いと考えられています。寿命が短いという点で雑種犬とは違うと言えます。
こうした危険性を理解し、両親の遺伝疾患を調べたうえで飼育することをお勧めします。

主な犬種別遺伝性・先天性疾患例

犬種 注意したい遺伝性・先天性疾患
トイプードル  膝蓋骨脱臼
チワワ  水頭症,膝蓋骨脱臼
ミニチュア・ダックスフンド 椎間板ヘルニア、膝蓋骨脱臼
ポメラニアン  アロペシアX、レッグペルテス
柴犬  心臓奇形
ヨークシャー・テリア  水頭症、気管虚脱、門脈体循環シャント

雑種犬とミックス犬・ハーフ犬のまとめ

非常にユニークでかわいらしいミックス犬・ハーフ犬ですが以下のようなことを理解した上で飼うことをおすすめします。

  • 雑種犬とミックス犬・ハーフ犬は、実は同じ。
  • 血統書がでない。
  • 必ずしも期待の容姿に育たない可能性がある。
  • 両親の遺伝性疾患を持っている可能性があり、寿命は短い可能性がある。
ページトップ